プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

北浜仕入れ担当です!宜しくお願いします

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 日本橋の歴史 ~さんぽ道その1~ | メイン | うなぎの季節がやってきた!! »

2009年5月 1日 (金)

GW子供の日直前!安産・子授けの ~水天宮の歴史~

待ちに待ったゴールデンウィークがやってきましたhappy01sunheart04
皆様、もうお休みに入られた方が多いのでしょうか?

ゴールデンウィークといえば【event子供の日】の祭日も含まれていますが
fivefive日は古来から端午の節句として、鯉のぼりや兜と飾ったりして
男子の健やかな成長を願う行事が行われてきましたsign01

この時期になると水天宮にもたくさんの参拝客がいらっしゃいます。
水天宮は東京都内でも随一の『安産・子授けの神様shineとして大変有名ですが
なぜそういわれるようになったのか?今日はご紹介します。

水天宮の発祥は、今から約820年前にさかのぼります。

平清盛の血をひく安徳天皇は、源氏の厳しい追及に京都から西へと
逃げてきました。しかし壇ノ浦の合戦で取り囲まれ
祖母の二位の尼に抱かれ、母の建礼門院と共に入水自害sad

時に1185年、安徳天皇8歳のことでした。

さて、ひとり源氏の追っ手を逃れた官女の按察使局。
局も壇ノ浦で共に入水しようとしたのですが、二位の尼に止められ、
『お前は生きて、われらの霊を慰めよ』との命を受けたのでした。

局は川のほとりに小さな祠を建て、安徳天皇とその一族の霊を慰める日々を送りました。
これが今に続く水天宮の起源と伝えられています。

今聞くととても悲しいお話ですね。sweat018歳の若さにて亡くなられた安徳天皇。
その物語が起源となり子供を成長を祈る⇒安産、子授けの宮として
水天宮が崇められ数多くの妊婦さんが妊娠5ヵ月を迎えると
『腹帯祝』として『戌の日』に水天宮に参拝にいらっしゃいますhappy01

その他、生後一ヶ月でのお宮参り、100日祝い(お食い初め)、初節句など
子供の健康と成長をお祈りする行事は数多くありますねeye

北浜では今年も子供の日前後のお日取りはご家族でのお食事に
多数のご予約を頂戴しております(ありがとうございますhappy01heart04

お子様の健やかな成長をお祈りして・・・
楽しいゴールデンウィークをお過ごしくださいnotecuteshine


人形町 北浜 総本店